松山英樹プロの年収は2016年、とんでもない金額の賞金、スポンサー契約金を稼いでいた。2017年はどれだけ稼ぐのか?今から期待ですね。

松山英樹プロの年収は、2016年、凄いことになっています。
ヒーロー・ワールドチャレンジ2016で優勝した松山英樹プロ。

いつものキャディの進藤大典さんではなく、
女性のキャディの乾芽衣さんとタッグを組んで、
見事優勝しました。

大会ホストを務める
タイガーウッズから、松山英樹プロは、
”「この勝利は彼(松山英樹プロ)に船一隻分の自信を与えるだろう。
彼は来季以降、トップ・グループに入り、
他の選手が『倒しに行く選手』になる。

彼のスイングを見てくれ。
試合運びと体もすごい。
彼の体は大変な仕事量をこなし、
どんな試練にも耐えられるようつくられている。
今後長期にわたって、
われわれが倒さなければならない選手の1人になる」”

タイガーウッズからこのようにコメントされ、
表彰式で満面の笑顔だった松山英樹プロ。

松山英樹プロは、好きなスポーツ選手で
タイガーウッズが好きだと公言していますね。

そんな、今日本、世界で活躍し、世界中から注目を集めている
松山英樹プロの年収の2016年、今年はいくら稼いでいるのか?

松山英樹プロの年収、
日本ツアー、米国ツアー、
ツアー非公式戦、
スポンサーとの契約金など、
合わせていくら稼いでいるのか?

あらゆるメディアを使って調べてみました。

%e6%9d%be%e5%b1%b1%e8%8b%b1%e6%a8%b9-%e5%b9%b4%e5%8f%8e-20161
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?aより引用

スポンサーリンク



松山英樹プロの年収の2016年は、日本ツアーの賞金王の池田勇太プロの2億円越えをはるかに超える賞金獲得だった。

松山英樹プロの年収の2016年は、一体どれだけの金額を稼いでいるのか?

2016年の男子日本ツアーの賞金王は
池田勇太プロで2億円越えでした。

これでも十分に凄い獲得金額。

2016年日本女子ツアーの賞金女王の
イボミプロは1億7500万円越えです。

池田勇太プロも、イボミプロも
スポンサーの契約金も含めると、
年収はもっと多いと思います。

この2人を参考に考えると、
松山英樹プロの年収の2016年は、
確かにとんでもない、金額を稼いでいました。

松山英樹プロの年収の2016年を
詳しくまとめてみました。
(12/9現在)

まずは、松山英樹プロの
2016年米国ツアー参戦をまとめてみました。

2016.10.27 – 10.30
・HSBCチャンピオンズ 優勝 約1億8000万円

2016.10.20 – 10.23
・CIMBクラシック

2016.09.22 – 09.25
・ツアー選手権byコカ・コーラ

2016.09.08 – 09.11
・BMW選手権

2016.09.02 – 09.05
・ドイツバンク選手権

2016.08.25 – 08.28
・ザ・バークレイズ

2016.08.18 – 08.21
・ウィンダム選手権

2016.07.28 – 07.31
・全米プロゴルフ選手権

2016.07.14 – 07.17
・全英オープン

2016.06.30 – 07.03
・WGCブリヂストンインビテーショナル

2016.06.16 – 06.19
・全米オープン

2016.06.02 – 06.05
・ザ・メモリアルトーナメント

2016.05.12 – 05.15
・ザ・プレイヤーズ選手権

2016.05.05 – 05.08
・ウェルズファーゴ選手権

2016.04.07 – 04.10
・マスターズ・トーナメント

2016.03.23 – 03.27
・WGC デルマッチプレー

2016.03.17 – 03.20
・アーノルド・パーマーインビテーショナル

2016.03.03 – 03.06
・WGC キャデラック選手権

2016.02.25 – 02.28
・ザ・ホンダ・クラシック

2016.02.18 – 02.21
・ノーザントラストオープン

2016.02.04 – 02.07
・ウェイストマネジメント
フェニックスオープン 優勝 約1億3000万円

2016.01.28 – 02.01
・ファーマーズインシュランスオープン

合計金額
約7億500万円の賞金を獲得しています。

これだけでも凄い金額ですが、
さらに、
日本男子ツアーで2勝8000万円です。
2016.11.09 – 11.13
・三井住友VISA太平洋マスターズ 優勝 4000万円

2016.10.13 – 10.16
・日本オープン 優勝 4000万円

そして、ツアーではない大会では、
2016.12.01 – 12.04
・ヒーローワールドチャレンジ 優勝 約1億円

2016.11.24 – 11.27
・ISPS ハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフ 6位 約1500万円

日米の合計で、
約9億5000万円(推定)と言われています。

これは、松山英樹プロが一人で1年間で
獲得した賞金の合計です。

とんでもない額を獲得しています。

%e6%9d%be%e5%b1%b1%e8%8b%b1%e6%a8%b9-%e5%b9%b4%e5%8f%8e-20162
http://bylines.news.yahoo.co.jp/funakoshisonoko/20161207-00065239/より引用

松山英樹プロの年収は2016年、10億を余裕で超えている。

松山英樹プロの年収の20160年は、
現時点での賞金獲得金額だけで、
9億5000万円。

これに、スポンサー契約金を含めると、
10億は軽く超えてしまうでしょう。

しかも、今季、ロレックスとのスポンサー契約を交わしています。
スポンサー契約金は非公開ですが、
高額な契約金だと思われます。

そして、
今季で契約が切れるレクサスが、
来季から5年で10億円という驚きの金額での
スポンサー契約で更新しています。
一年で、2億円の計算ですね。
(2016年の日本ツアー賞金王の獲得金額2億円とほぼ同じ)

もはや、
松山英樹プロの年収は2016年は、
10億円どころか、
15億円は超えてえいるのかもしれません。

留まることを知らない、
松山英樹プロの年収、2016年。

2017年、松山英樹プロの年収はいくらになるのか?
そして、米ツアーでも何勝するのか?
メジャー制覇もあるかもしれません。

同じ日本人として誇りに思いますね。

2017年の松山英樹プロの年収にも期待しています。

%e6%9d%be%e5%b1%b1%e8%8b%b1%e6%a8%b9-%e5%b9%b4%e5%8f%8e-20163
http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/photos/より引用

以上、
松山英樹の年収は2016年とんでもない獲得賞金・スポンサー契約金
でした。

スポンサーリンク